Blog Top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safariアドレスバーへのコピペはスペースが必要

文章上のアドレスをコピーし、アドレスバーに貼り付け際、Safariではそのまま貼り付けてもページが更新されるだけで、貼り付けたアドレスに移動しない。

Safariでアドレスバーの貼り付けからページを移動させるには、貼り付けたアドレスの後ろにスペースを入力する必要がある。

「http://サイトアドレス/ 」

スペースを入れることで貼り付けたアドレスに移動するようになる。

IE6でリンクにdisplay:blockを適用させるには

aタグにdisplay:blockを指定してクリック領域を広げるのは一般的な手法だけど、何故かIE6ではaタグにdisplay:blockしただけではクリック領域が広がらない。

クリック領域が広がらない例


p {
	width:300px;
}

p a {
	display:block
}

<p><a>サンプル</a></p>

上記の例だと、IE6ではテキスト部分しかクリックできず、display:blockが機能しない。IE6でもクリック範囲を広げるには、display:blockを指定したaタグにheightかwidthを指定する。


p {
	width:300px;
}

p a {
	display:block;
	height:100%; /* もしくはwidthを指定 */
}

<p><a>サンプル</a></p>

heightかwidthを指定する事で他のブラウザと同様に、IE6でもクリック領域が広がる。

display:inlineでリストを横並びにすると隙間が出来る

display:inlineでリストを横並びにすると、何故かFirefoxやChromeなどのブラウザでliとliの間に隙間が出来る。

隙間ができるコード


ul li {
	display:inline;
	background:#ccc;
}

<ul>
	<li>サンプル</li>
	<li>サンプル</li>
	<li>サンプル</li>
	<li>サンプル</li>
	<li>サンプル</li>
</ul>

隙間をなくすには、コードを一列で書くか、liとliの間をコメント化する。

コードを一列で書く


<ul><li>サンプル</li><li>サンプル</li><li>サンプル<li><li>サンプル</li><li>サンプル</li></ul>

liとliの間をコメント化


<ul><!--
	--><li>サンプル</li><!--
	--><li>サンプル</li><!--
	--><li>サンプル</li><!--
	--><li>サンプル</li><!--
	--><li>サンプル</li><!--
--></ul>

このどちらかの記述方法で、liとliとの間に隙間が出来なくなる。

検索フォーム


RSSリンクの表示

QRコード

QR

問い合わせ

当ブログ管理人への問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。