Blog Top

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • この記事をクリップ!
  • イザ!ブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cache_Liteの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Googleブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • この記事をクリップ!
  • イザ!ブックマーク

APIを利用してホームページを作る際、必ずと言っていいほど利用しているCache_Lite。今後、使い方を忘れない為にメモ。

Cache_Liteのインストールは以下のコマンドで行う。
pear install Cache_Lite

Cache_Liteの利用例


//--------------------------------------Cache_Lite読み込み
require_once "Cache/Lite.php";

//--------------------------------------キャッシュオプション
$cacheOptions = array(
		'cacheDir' => 'tmp/', //キャッシュファイルの保存先ディレクトリ
		'lifeTime' => '86400', //キャッシュの有効期限(一秒単位)。例の86400は一日
		'automaticCleaningFactor' => '20' //新規キャッシュファイル保存時の期限切れファイル自動削除設定。例の場合1/20の確率で削除される
             	);

//--------------------------------------オブジェクト生成
$Cache_Lite = new Cache_Lite($cacheOptions);

//--------------------------------------キャッシュID設定
$cacheid = "sample"; //キャッシュIDでキャッシュを識別

if ($cache = $Cache_Lite->get($cacheid)) {
       //キャッシュがあった場合の処理。キャッシュを$aaaに代入
       $aaa = $cache;	
} else {
       //キャッシュがなかった場合の処理
       $aaa = "test";

       //キャッシュの保存。$aaaを$cacheidで保存
       $Cache_Lite->save($aaa,$cacheid);
}

print $aaa; //「test」と表示される

APIを利用する際は、$cacheidに動的な値を入れ被らない様にする。

トラックバック

http://blogmemoblog.blog.fc2.com/tb.php/3-d2db2db4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム


RSSリンクの表示

QRコード

QR

問い合わせ

当ブログ管理人への問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。